広島の弁護士による相続相談
2020年10月3日 相続のトラブルは弁護士に

相続のトラブルは弁護士に

遺産相続とは、亡くなった人の遺産を親族など特定の者に継承させることを指します。遺産を相続する人は原則として、亡くなった人の全ての財産上の権利を包括的に継承することになります。土地などの財産に限らず、亡くなった人に借金などがあればそれらの返済義務も同時に受け継ぐことになります。相続は遺産を託す人が亡くなると同時に開始されます。

時にはその人が亡くなったと言う事実を知らない場合でさえ、届出・手続きなどに関係なく発生します。遺産を受け継ぐ人が複数存在する場合には、遺産はその全員の財産となり、遺産の分割が決定されるまでは誰か一人の意思において遺産を処分することは出来ません。しかし遺産の配分と言う問題は、ほとんどの人にとっては一生に一度遭遇するかどうかの出来事であり、揉め事に発展することもあります。このようなトラブルを解決するためには、弁護士など専門知識を持った第三者に介入してもらう必要があります。

遺産分割の文書を作成するのなら、司法書士、行政書士、税理士にも行うことが出来ますが、これらの専門家が行えるのは遺産を受け継ぐ人同士が決定したことを書面にすることに限られています。遺産分割においてそれぞれ意見が対立したり、紛争が起こった場合の言い分の調整を解決して書面に残すことは弁護士以外には許されていません。また、他の相続人との直接の話し合いを避けたい場合にも、代理人となって相手と交渉出来るのは弁護士だけとなっています。広島で離婚相談のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です