広島の弁護士による相続相談
2020年10月15日 弁護士に相続のやり方を

弁護士に相続のやり方を

弁護士に相続のやり方を教えてもらうことは、非常に有意義です。つまりは、どうやって、相続財産を譲り渡すべきか、ということです。基本的にはなんといっても遺言状が有効です。しかし、書き方がありますし、まして、すべて自分の思い通りになるとは限らないのです。

どんな人であろうと、というわけではないのですが、遺言があっても遺留分は相続させる必要があるのです。色々と細かい条件があるのですが、基本的にはそうです。しかし、贈与、という形で相続税のかからない形での財産の譲り渡しをすることによって、特定の人物だけ多くする方法もあります。そうした細かいテクニックも含めて、相談をするとよいです。

脱税ではありませんから、それは安心してよいです。とにかく、相続と言うのは、面倒なことが多いのは確かです。譲り渡す対象が一人であれば、特に遺言を残す必要はないのですが、複数人の場合、原則として平等に渡すか、或いは偏らせることもできますが、それも遺留分を除いた分です。それを意外と理解していない人がいますから、しっかりと頭に入れておくとよいです。

弁護士に依頼するお金は決して安くないのですが、それでも揉めないようにするための措置だと思って、キチンと相談するとよいです。弁護士というのは、意外と探すといますし、伝手を辿ればそれなりに見つけられる可能性が高いです。ですから、料金の安さも大事ではありますが、信用できるところに依頼するべきなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です