広島の弁護士による相続相談
2020年11月6日 慰謝料の基準は交通事故の状況で異なる

慰謝料の基準は交通事故の状況で異なる

被害者が加害者に対して請求できる交通事故の慰謝料の基準は、その事故の状況によって大きく異なります。交通事故では、予測できないような大きな損害を被害者が被ってしまうことがあります。このような状況に被害者が巻き込まれたときには、法的な権利によって相手に対して損害を賠償することができるのです。そうした権利の一つが慰謝料請求権です。

慰謝料請求権を交通事故で利用するためには、被害者がその事故によって大きな精神的な損害を受けたことが必要になります。精神的な損害に関する状況は被害者によって大きく異なるため、これに関して確固たる金額面の基準は存在しません。もちろん、実際の現場では便宜上加害者のほうから適正価格として慰謝料金額の基準値が提示されることがほとんどですが、その提示額で納得する必要はないのです。あくまでも、被害者が求める賠償額を相手に対して請求することが可能です。

こうした請求をするときには、弁護士を通して示談などをすることが大切です。交通事故の賠償の請求は、弁護士が被害者の代理で示談交渉の場で行うことが普通です。加害者側もこの交渉に関してお金をなるべく小さくするように弁論を行ってくることになるため、被害者は事故に強い専門の弁護士を雇わなくてはいけません。交通事故に関しては、弁護士の弁論一つで請求額に大きな違いが生まれることも珍しくはないため、慰謝料に関する事前の準備は必ず怠らないように注意をしなくてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です