広島の弁護士による相続相談
2020年11月24日 相続問題は弁護士に相談を

相続問題は弁護士に相談を

自分の親などが亡くなった場合、多くの場合遺産相続問題が発生します。相続税の改正などにより、多くの家庭で遺産の問題は発生し、弁護士を介して問題を解決していきます。弁護士に遺産問題を依頼すると、まず簡単に相続についての説明をしてくれるでしょう。民法での定義、預金や現金、不動産といったプラスの財産のみならず借金のようなマイナスの財産に関しても詳しく教えてくれます。

兄弟同士で揉めている、遺産金額が大きい、親が残した借金があるなど素人では太刀打ちできない問題も、弁護士に依頼することにより問題は早く解決出来る事でしょう。相続手続きのはじめの一歩は、誰が遺産をもらえるのかという確認から始まります。その次にそのもらえる遺産となる財産の確認、そして受取人が複数いる場合には、誰がどれだけ遺産をもらえるのかという点を確認します。相続人の順位としては、配偶者、つまり婚姻している人が第一優先です。

次に子供がいれば子供も配偶者同様の立場であり、子供がいない場合は親と配偶者が第二順位となります。兄弟姉妹はその次の第三順位となります。こうした説明、手続きを主だって行っているのが弁護士であり、いざ遺産の問題が発生したときは心強い見方になります。また遺言書があるかどうかでも財産の処理方法というのは違ってきます。

出来るだけ生前に遺言書などを用意しておき、残された遺族が骨肉の争いにならないよう生前から話し合っておくことも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です