広島の弁護士による相続相談
2020年12月3日 過払い金があるときは弁護士に法律相談することが良い

過払い金があるときは弁護士に法律相談することが良い

過去にクレジットカードや消費者金融のカードローンなどのサービスを利用している人の中には、法律で定めらえている金利を超えた利率による利息を支払っているケースがあります。自分自身がクレジットカード会社や消費者金融業者に対して、高い利息を払い過ぎていたのではないかと感じている人の場合には、弁護士に法律相談を行うことによって取り戻せる場合があります。過去においては知名度の高い金融業者であっても、利息制限法で決められている上限金利を超える利率を付けて貸し付けが行われていますので、現時点で過去の借り入れの取引の時点に遡って金利の計算をし直すことで、払い過ぎている部分が見つかったときには、返還請求を行うことが可能です。過払い金を取り戻すための交渉は、直接的に借り入れを行っていた金融業者と行う必要がありますので、法律的な知識を有していない一般の人では交渉が難しくなることが予想されます。

過払い金の返還請求を円滑に行うためには、法的な知識を有している弁護士に法律相談をすることで、過去の取引履歴の開示請求をすることが可能ですし、取り戻すための交渉をしやすくなると言えます。債務整理の種類の中で、過払い金返還請求の手続きを行ったときには信用情報機関に掲載されるといったようなデメリットはありません。弁護士に法律相談をすることで代理人として手続きを行ってもらえますので、依頼者としては負担の軽い手続きと言えます。広島で相続のことならこちら

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です