広島の弁護士による相続相談
2021年2月3日 資産がそれなりにあるならば相続の相談を弁護士に

資産がそれなりにあるならば相続の相談を弁護士に

それなりの財産があるのであれば、相続関係について、弁護士に相談しておいたほうがよいです。とにかく資産がある、ということはよいのですが、それで揉めるような事態になるのは、間違いなくデメリットしかないです。しかも、譲り渡すときにスムーズにいかない、というのは、家の勢いを削ぐことにもなります。ですから、無駄に家内の争いにならないようにしっかりと弁護士に相談しておいて、話を進めておいたほうがよいのです。

実際問題、法律的にはそんなに揉めることがあるようにはなっていないのです。遺留分、という最低の割合は決まっていますし、それさえ守っていれば、少なくても法律的には正しくできます。しかし、それでも揉めるのは、相続人でゴネる者が出てきたり、関係のない姻戚などがしゃしゃり出ることがあるからであり、それを掣肘するために弁護士を雇うのです。また、意外と遺言書の書き方を間違っている、ということもありますから、そうした部分の相談をするだけでもかなり効果的です。

弁護士に相談をする、というのはそれだけでお金がかかってしまうのですが、それでもメリットはあります。それなりの費用を支払う価値があるからこそ、商売として成立っているのです。それをよく理解して、よいところに相談するのです。伝手があれば、それを生かすと良いです。

相続は法律行為としては大して難しいことではないので、弁護士であれば、基本的には誰でも上手くできます。広島で相続のことならこちら

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です