広島の弁護士による相続相談
2021年2月12日 相続税を弁護士に相談して控除してもらう

相続税を弁護士に相談して控除してもらう

亡くなった方の財産を被相続人から継承する場合には、その財産から生じる税金を必ず相続人は納めなくてはいけません。こうした相続税に関する取り決めは法律によって決められているため、独断によって払わないことを選択するよりも弁護士に相談することが大事なのです。こうした亡くなった人の財産に関する法律に付いては、その時々の状況によって控除の規定が適用されることがあります。この控除規定を利用すれば、無駄な税金を支払わずに手元に置くことができるため非常に便利なのです。

では、実際にどのような財産ならば税金が控除されるのでしょうか。それは、継承する財産が倫理や道義上の問題で税金を課すのにふさわしくないと判断されたときです。このようなケースは、過去の事例や法律からある程度具体的な物品が整理されています。例えば、亡くなった方を祭るために生前葬儀道具などを財産から購入したときです。

葬儀に使う道具は、たとえそれが金などの価値あるものから出来ていたとしても税金の徴収の対象とはなりません。人の生死に関連する物品に関しては、倫理や道義、そして公序良俗の観点から見ても税金をとることは全くふさわしくないからです。基本的に、税金が控除される対象は生命保険などこのような基準に則って判断されます。どうしてもわからないときには、弁護士に相談して個別具体的に聞くことが賢明です。

弁護士に相談すれば、控除される対象を詳しく教えてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です